近江商人のふるさと
近江商人の理念・
日野商人とは
湖東商人とは
八幡商人とは
日野エリア
五個荘エリア
近江八幡エリア
はじめての近江商人さんぽ
 
HOME
五個荘 湖東商人
 

 五個荘、愛知川、能登川、高宮などの愛知川流域を中心とする地域から出た湖東商人は、江戸後期になって登場しました。この時期、諸藩は財源の拡大のため国産品奨励をはかり、専売政策を積極的に進めました。湖東地方では彦根藩の後援もあって、地場産業の麻布の生産が盛んになり、湖東商人達は特産の近江麻布を持ち下り商品として持参する全国行商を始めたのです。繊維品を主に取り扱った湖東商人は、京坂や東海道で仕入れた呉服・綿関係品を関東・信州で売却し、関東・東北で仕入れた関東呉服・生糸・紅花類を名古屋・近江・京坂等で販売する産物廻しの商法に従事し、着実に畜富を重ねました。そして、店舗を開設するほどの身代になっても、出身地が中山道沿いという地の利を生かして、近江の本家そのものも営業の一拠点として活用し、京都・大坂や江戸といった大都市に出店をかまえるのが通例でした。

松居遊見
 
伊藤家の布商の看板

 その市場開拓の方法は、既成の大商店の商圏を避け、主街道よりも脇街道を主とし、農漁村の万屋的小売商人への委託販売をおこないました。このように湖東商人の営業活動は、藩の専売政策によって貨幣が浸透した農村の人々の需要を掘り起こすことになったのであり、現代の商社活動につながる要素を持っていました。
 近江商人としては後発であった湖東商人の特徴は、商家の多くが近代企業に転身して今も老舗企業群として存続していることです。
 明治維新以降は、営業の本拠を京都・大阪・東京に移して、多くの出店を国内はもとより海外にまで展開するようになり、総合商社「伊藤忠」・「丸紅」の祖である伊藤忠兵衛や、朝鮮半島・中国大陸に一大百貨店網を築いた「三中井」の中江勝治郎を生み出したのです。

金堂の町並みへは、JR能登川駅または近江鉄道八日市駅より、バスで約10分・ぷらざ三方よし下車徒歩5分。

金堂の町並み
 
近江商人屋敷 藤井彦四郎邸

 一般公開されている近江商人屋敷3館(外村繁邸・外村宇兵衛邸・中江邸準五郎邸)を始めとする白壁と舟板塀の蔵屋敷が多く残る町並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。映画やドラマの撮影が行われることも多く、時代劇のセットに迷い込んだかのような景色が拡がります。地区内には清らかな水が流れる堀割が縦横に走り、錦鯉が優雅に泳いでいます。
近江商人屋敷3館
料金/大人600円、小人300円
休館日/月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

 

 スキー毛糸の製造販売を行った豪商・藤井彦四郎の生家で、広大な敷地に、琵琶湖を模した池や築山を配した池泉廻遊式の大庭園をはじめ、主屋、客殿、洋館、土蔵などが並んでいます。館内には、かつて全国を行脚した五個荘商人が行商に用いた多くの資料も展示されています。
料金/大人300円、小人100円
休館日/月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

     

近江商人博物館・中路融人記念館

 
紅葉公園

 江戸・明治時代、全国津々浦々に行商し、やがては豪商へと出世していった近江商人たち。その成功への軌跡を、映像やレプリカを使って分かりやすく紹介しています。2階の中路融人記念館では、日本画家・中路融人が描いた湖国の原風景を展示しています。
料金/大人300円、小人150円
休館日/月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日、年末年始

 

 近江商人の塚本仲右衛門が私財を投じ、自然の地形を生かして造園した公園で、その名の通り晩秋の紅葉は見事なもので、山全体が赤や黄色に染まります。

     

東近江市観光協会〉
TEL.0748-48-2100
http://www.higashiomi.net/

 

HOMEサイトマップ

【近江商人ゆかりの町連絡会】

近江八幡観光物産協会 TEL.0748-32-7003 / 東近江市観光協会 TEL.0748-48-2100
日野観光協会 TEL.0748-52-6577 / 近江鉄道(株)鉄道部運輸課 TEL.0749-22-3303

近江商人のふるさとブログ
Copyright (C) OMI-SYONIN. All Rights Reserved.